フラメンコはこうして生まれた!【続き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回、「ジプシー」と呼ばれる民族が差別や迫害を受け、
その中からフラメンコが生まれた、というお話をしました。

今回はその続きです。

前回はこちら
http://pro-guitar.net/?p=1061

当初フラメンコが演奏される場は、
個人の家のようなプライベートな空間が中心でした。

19 世紀後半になると
「カフェ・カンタンテ」(Cafe Cantante)と呼ばれる
フラメンコの歌や踊りを見せる酒場が登場し、
これがスペイン中に広まっていきました。

cafe-cantante-sevilla-llovera-644x362.jpg

フラメンコを職業とするアーティスト
数多く生まれたのもこの頃です。

当初フラメンコ・ギターは単純なリズムや伴奏程度でしたが、
その後、ラモン・モントージャニーニョ・リカルド
サビーカス、パコ・デ・ルシアなどの多くの優れたギタリストの手により、
ソロ楽器として発展・進化を遂げてきました。

フラメンコは現在も様々な音楽との融合を続け、
国境を越えて世界中の人々を魅了し続けています。
 

★今回のポイント!★

フラメンコは進化し続ける、
クロスオーバー(融合)な芸術!

 

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*