フラメンコの構成の伝え方 その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコの曲種の
構成の伝え方についてお話します。

tab.jpeg

踊りの構成を伝えるのが
苦手な練習生は多いようです。

せっかくの合わせなのに、
構成を伝えるのに四苦八苦してしまい、
ギターと合わせる時間が少なくなってしまう…。

なんだか踊りを踊る前から
疲れてしまう踊り練習生が多いように見えます^^;

そこで、ぼくなりに
分かりやすい構成の伝え方を解説しますね。

ひらめき.jpg

それは、ズバリ

歌い手が知りたい情報、
ギタリストが知りたい情報を
把握すること

です。

歌い手知りたい情報とは、
歌の数です。

たいていのフラメンコの曲種は

歌(レトラ)はひとつ、もしくはふたつで成り立っています。

踊りを踊る前に、
歌をいくつ歌ってほしいのかを伝える必要があります。

さらに、歌の長さについて要求があるのであれば
それも伝えます。

たとえば、アレグリアスの歌(レトラ)は通常、
11コンパスですが、
短い場合は9コンパス、長い場合は13コンパスと、
大抵2コンパス程度の伸び縮みがあります。

歌ってほしい歌の種類に指定がある場合、
その歌の名前、もしくはメロディや歌詞が口ずさめる
イメージが伝わりやすいかと思います。

そのため、日ごろから歌をよく聴いておくのも
訓練になりますね^^
 

タラントやシギリージャなど、
歌い手によって長さが異なる場合は別ですが、
たいていの歌の長さは決まっています。

そのスタンダードな長さを基準に、

「長く歌ってほしいのか」「短く歌ってほしいのか」

が決まっているようでしたらそれも
歌い手に伝えたほうが良いでしょう。

 

ポイントは、

歌の数と長さ

です。

参考にしてみてくださいね!

次回は、
ギタリストへの構成の伝え方
についてお話します。

お楽しみに!

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*