「なんだか物足りない」を解消する方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フラメンコ音楽の専門家
池川寿一です。

今日は冷たい北風が
ビュービューと強い1日でしたね!

さて、そんな寒空とは関係なく(笑)、

昨日は丸一日かけて、

新しいフラメンコ教材
撮影をしていました。

フラメンコ教材、撮影

フラメンコ舞踊の専門家、
えんどうえこさん、

フラメンコ音楽の専門家
濱田吾愛さん、

フラメンコ歌手の
小松美保さんの協力のもと、

フラメンコの代表的な
10曲種を撮り終えました。

この教材は、

「フラメンコ=コミュニケーション!」

をテーマに、
フラメンコの基本的な構成である

踊りと歌とギターを、
なんと同時に学んでしまおう!

というものです。
 
本来のフラメンコは
踊りと歌とギターの
3者がコミュニケーション
することにあります。
  
フラメンコの必要なテクニックの
エッセンスのみを抽出し、
踊り、歌、ギターのそれぞれの
基本を学ぶことで、
フラメンコを長年やっている人は
もちろん、
フラメンコ未経験の人にとっても
とっつきやすい内容を目指しました。

 

ここで、今回の教材を作る上で
気がついたことをお伝えしますね。

それは、

緊張感との向き合い方

についてです。

 

人前で話すことになったり、

見知らぬ場所や人と出会った時に、

緊張するものですが、

普通に生活していると、

なかなか緊張しないものです。

 

フラメンコの舞台は

即興が大事にされるので、

基本的に一度限り。

同じことが二度とできない

という特徴があります。

flamenco.jpg

「次は何が起こるんだろう?」

というドキドキと常に戦っています。

今回は教材の撮影でしたので、

撮り直しはできますが、

「撮り直すことができる」

と意識してしまうと、

今度は

フラメンコ特有の緊張感が

薄まってしまうのです。

緊張というとネガティブ

捉えられがちですが、

味方につけると、

ものすごいエネルギー

発揮してくれるものでもあります。

 

「なんだか物足りない」

と感じている方は、

緊張感とうまく付き合う

ことを意識すると、

日々の生活にハリが生まれるのでは

ないでしょうか?

 

「とは言え、緊張しっぱなしもイヤだな」

と思われるかと思います。

確かに、ぼくもそれはイヤです(笑)

そのため、

いい意味の緊張

ほどよい緊張

を得られる場所や時間

意識的に持つだけでも

だいぶ変わってくるかと思います。

ヒントは、

非日常空間

です。

あなたにとって、

いつもと違う環境はなんですか?

なにかピンッと来たらうれしいです(^^) 

 

さらにフラメンコで知りたいことがあれば、

【ダンサー&ミュージシャンのための
フラメンコ入門メールマガジン】
にて「無料」でお伝えしています。

テクニックや表現方法など、
現状に行き詰まりを感じているダンサーやミュージシャン
新しいダンサー仲間、音楽仲間と出会いたい方は
ぜひ登録しておいてください。

↓↓↓↓
http://pro-guitar.net/?page_id=423

それでは、iHasta Luego!(またね!)

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。