ラスゲアードを使った有名なリズムに挑戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコ音楽の専門家
池川寿一です。

本日もご覧いただき
まことにありがとうございます。

 

昨日の動画ではラスゲアード奏法と
呼ばれるフラメンコ独特の
奏法についてライブ形式でご紹介しました。

まだ観られていない方は、
ぜひ最後までご覧ください。

>> https://youtu.be/cpdHnWfm-fs

本日はラスゲアード奏法を使って
これまた「いかにもフラメンコ!」
と感じさせるリズム、

「パソ・ドブレ」

について解説しました。

これを覚えて弾くことが出来れば、
「すごい!」「フラメンコっぽい!」
と周りからも驚かれ、喜んでもらえます。

ぜひご覧ください。

>>https://youtu.be/nY0mB2x_dYo

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ パソ・ドブレのリズムとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回動画でお伝えした弾き方は、

パソ・ドブレと呼ばれるリズムです。

スペインでは
「闘牛のテーマ」としても有名ですね。

「フラメンコってどんなリズムかわからない」
「何から手を出したらいいのかわからない」

という方は、

このパソ・ドブレのリズムを
オススメします。

…ちょっとベタベタな感じもしますが(笑)、
逆にそれぐらいの方が、
親しみやすくていいですしね(^^)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3つのコード 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

基本のコード「E」を覚えるだけで、
あと2つのコードを簡単に弾くことができます。

そんな裏ワザを動画で紹介しました。

具体的には、

「E」コードを一つ右にズラすだけで、
「F」コードの完成。

「F」コードを2つ右にズラすだけで、
「G」コードの完成です。

 

どうしてこんなことが可能かというと、
フラメンコには

「開放弦を効果的に活用する」

という特徴があります。

開放弦とは、
弦を何も押さえていない状態のことですね。

そのため、
通常であれば、

セーハと呼ばれる、
1本の指で複数の弦を
押さえるテクニックや、

使う指を増やして
押さえなければならない所を、

少ない指だけで、
しかもズラすだけで、
押さえることが可能なのです。

…と文章で書いても難しく感じると思いますので(笑)、
動画で楽しみながら見てみてください。

 

明日は有名アーティストが弾く、
ラスゲアード奏法について、
動画を交えながら解説しますね。

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。