ラスゲアード活用例!その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコ音楽の専門家、
池川寿一です。

 

本日もご覧いただき
まことにありがとうございます。

昨日までで
ラスゲアードと呼ばれる
フラメンコ特有のテクニックを使った、
「パソ・ドブレ」のリズムの弾き方
についてご紹介しました。

ライブ形式のセミナーで
楽しみながら紹介しましたので、
ぜひこちらをご覧ください。

ラスゲアード講座
https://youtu.be/cpdHnWfm-fs

パソ・ドブレ講座
https://youtu.be/nY0mB2x_dYo

 

今回から3回に渡って、
ラスゲアード奏法を実際に使っている
アーティストを紹介していきますね。

初回の本日は、

フラメンコギターの神様と呼ばれた

「パコ・デ・ルシア」が弾く、

「ブレリアス」です。

https://youtu.be/fe8-P3Weiuc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ブレリアスとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブレリアス(Bulerias)とは、
スペイン語で「あざけり」や「おふざけ」
という意味が語源の曲種で、

世界で最も早い3拍子のリズムを持っている、
と言われています。

フラメンコ的には、

「12拍で1コンパス」

というリズム・パターンで形成されています。

 

そのため、

「3拍子が4つ」だったり、

「2拍子が6つ」だったり、

「3拍子が2つ、2拍子が3つ」だったり、

1つのリズム・パターンの中で、

いろいろとリズムが目まぐるしく変わるため、

弾く方も聴く方も、

エキサイティングで刺激的な一曲です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ スパイス程度に使うのがミソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こちらの動画を見ていただけると分かるのですが、

ラスゲアードを多用する、

というよりは、

要所要所で「ビシっと」決めている感じで
使われています。

多用・乱用するのではなく、

使い所を使い分けることによって、

ラスゲアードを弾いた時の

「おいしさ」が際立ってくるんですね。

もちろんラスゲアード奏法には
いろいろな使い方がありますので、
明日は別のアーティストをご紹介しますね。

明日もお見逃しのないよう
お願いします。

 

今後、ご案内が不要な方はこちらを
クリックして解除を行ってください。
>>%DELETE%

 

 

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

SNSでもご購読できます。