ラスゲアードってどうやって弾くの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコ音楽の専門家、
池川寿一です。

本日もご覧いただき
まことにありがとうございます。

先日から、
フラメンコの花形とも言える
「ラスゲアード奏法」を使った
アーティストを紹介してきました。

もう一度おさらいすると、、


パコ・デ・ルシア
https://youtu.be/fe8-P3Weiuc

ジプシー・キングス
https://youtu.be/Z6mwKG8FOAw

ロドリーゴ・イ・ガブリエラ
https://youtu.be/B5xs6URmAOI

どれもカッコいいですよね。

今回は具体的に
どうやって弾いているのか
ラスゲアード奏法の種類について解説します。

いろいろな弾き方があるのですが、
ここでは

・3連続ラスゲアード
・4連続ラスゲアード
・アバニコ奏法

の3つをご紹介しますね。

まずは一つ目の

「3連続ラスゲアード」

です。

こちらの動画をご覧ください。

>>https://youtu.be/5TK_tQ4va74

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3連続ラスゲアードとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その名の通り、

音を3つ出すラスゲアードです。

3つとは、

①薬指ダウン

②中指ダウン

③人差し指ダウン

の3つです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コツはデコピン!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

親指と人差し指をひっかけて、
人差し指で弦に向かって
デコピンをしてみてください。

デコピンとは、
相手のオデコに指を
「ピンッ!」とはじく動作で、
子供の頃に遊んだ方も
多いかもしれませんね。

中指を人差し指にひっかけて、
中指でデコピン、
薬指を中指にひっかけて、
薬指でデコピンをするイメージです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは、しっかりと
1本ずつを弾きましょう。

早く弾こうとすると、
指が流れてしまいがちです。

一音一音ハッキリ弾きましょう。

次のポイントは、指だけではなく、
「手全体」の上下運動も使いましょう。

弾く前に少し、腕全体を持ち上げ、
3つの音で全部ダウンを使い切る、
というイメージです。

はじめは、薬指が一番
鳴りにくいかと思います。

そんな時は、薬指を重点的に
練習してみてください。

 

本日は「3連続ラスゲアード」
の弾き方について紹介しました。

明日は、別の奏法について紹介しますね。

どうぞ楽しみにしていてください!

 

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。