4連続ラスゲアードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコ音楽の専門家、
池川寿一です。

本日もご覧いただき
まことにありがとうございます。

先ほどまで新作のギター教材
の撮影をしていました。

19601257_1867230349977771_4524807065625295306_n.jpg

今度のテーマは
フラメンコ・ソロギターアレンジ
に特化した内容です。

19598590_1867227386644734_1106113001517179229_n.jpg

有名な曲をフラメンコギター1本で
アレンジするための方法を徹底解説していきます。

お披露目が楽しみです(^^)

●本日はラスゲアード奏法の2つ目

「4連続ラスゲアード」

の弾き方について紹介しますね。

模範にする動画はこちらです。

>>https://youtu.be/nY0mB2x_dYo

以前紹介した

「パソ・ドブレ」(闘牛のテーマ)
のリズムですね。

この弾き方にぜひ
挑戦してみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4連続ラスゲアードとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3連続のラスゲアードに続いては、
人差し指のアップを加えて、
4連続のラスゲアードに挑戦しましょう。

基本的には3連続ラスゲアード
と同じなのですが、
最後の人差し指アップは
指の腹あたりを狙って
一気にかき上げましょう。

また、4つの音量・音色が
まばらにならないように、
一音ずつ確認しながら弾きましょう。

これらが出来るようになったら
もう一度動画をご覧ください。

このリズムは、よく
闘牛のテーマ曲で使われており、
いかにもスペイン、
いかにも闘牛を感じさせる
力強いリズムが特徴です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

明日は、ラスゲアード奏法の3つ目、
「アバニコ奏法」について紹介します。

 

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

SNSでもご購読できます。