フラメンコの花形!アバニコ奏法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコ音楽の専門家、
池川寿一です。

 

初心者向けのラスゲアード教材

“ラスゲアード徹底マスター講座
〜表現の幅を劇的に広げるフレーズ集〜

の情報をいよいよ明後日お届けします。

その後、順次値上げになっていきますので
お早めにお申し込みください。

 

本日はラスゲアード奏法の3つ目

「アバニコ奏法」

の弾き方について紹介しますね。

模範にする動画はこちらです。

>>https://youtu.be/M9y9RQwtPP8

この弾き方にぜひ
挑戦してみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ アバニコ奏法とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

指の形から扇子に似ているため、
「アバニコ(扇子)奏法」と言われています。

弾く順番は、

1)親指のアップ
2)薬指と中指の同時ダウン
3)親指のダウン

です。
ひとつずつ解説しますね。

1)親指のアップ

【ポイント】
・1弦から6弦まで均等に当てましょう。

・親指の弾き終わりは6弦の近くで
 待機するようにしましょう。

・弾き終わったあとの手の平は
 表面板と平行になるようにしましょう。

・ヒジから先全体も使ってアップしましょう。

2)薬指と中指の同時ダウン

軽く手の平を開いて、
6弦から1弦まで鳴らします。

【ポイント】
弾いた後の親指は、
まだ6弦よりも上で
待機するようにしましょう。

3)親指のダウン
親指で6弦から1弦まで振り下ろします。 
手首だけで弾いてしまうと、
低音弦だけや高音源だけしか鳴りません。

手首だけでなく、
ヒジから下全体の上下運動を使って、
振り下ろしましょう。

これらの3つの音が
同じ音量・音質になるようになるまで、
何度も練習してみてくださいね(^^)

 

明日はまた別のテクニックを紹介します。

フラメンコをもっと楽しんでいきましょう!

 

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。