セカンドギターの心得4 音量について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
フラメンコ音楽の専門家、
池川寿一です。

ギター生徒から、
こんな質問を頂きました。

↓ここから

伴奏の際の、セカンド・ギターの役割の心得を教えてください。

先日ライブがあったのですが、
戸惑うばかりで、何をして良いのか正直困りました。

伴奏内容も網羅してないのもあり、お地蔵さん状態でした。

池川先生の経験において、何か助言がありましたら
ご教示頂けると嬉しいです。

↑ここまで

先日から、

セカンドギターの心得について

お話しています。

 

本日は最終回です。

 

今回は、

音量

についてお話します。

 

ここでいう音量とは、
伴奏する時のギターの音の大きさのことを言います。

基本的にはファーストギターと同じぐらいか、

少し控えめにしましょう。

というのも、ファーストギターより弾いてしまうと、
ファーストギターが音量を落としたいのに、
落としているのに気づけない場合があるからです。

「盛り上げるところは盛り上げる」
「落とすところは徹底的に落とす」

というメリハリが無いと、
テンションがダラダラしてしまうので注意が必要です。

以上です。

 

これまで、

「セカンドギターの心得」

についてぼくが思いつく心得・注意点をまとめてみました。

 

こればかりは現場でなければ感覚を養うことができません。

踊り伴奏の現場に興味がある、

ぜひ体験してみたいという方は、

ぼくが提供する「週末ギタリスト養成講座」

で実際にダンサー、歌い手を招いての伴奏講座を行っています。

 

興味がある方は下のメルマガより

最新情報をお受け取りください。

 

本日は以上です。

これからもフラメンコで人生を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

「プロギタリストになりたい」「できたらギターだけで生活したい」「音楽で人に喜ばれたい」という方のために、ぼくが20代のうちにプロギタリストとして活動でき、現在も家族と日本各地へ旅行を続け、自由なライフスタイルを実現している方法について徹底伝授します。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 





無料メール講座の詳細はこちら


ギターで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするギタリストになろう。


プロギタリスト養成人
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。